ブログトップ

月の妖精

lotuswing.exblog.jp

アロマテラピーのお仕事をしています。アロマを中心にヒーリングの活動を広げていきたいと思っています。

猫たちの検診

12月に入院、転院、手術、退院とバタバタとした年末でしたが、1月10日に抜糸も終わり、先日いつもお世話になっている動物病院での診察に戻りました。

ナンちゃんは、結石が尿管に詰まって尿の排出があまりできず、腎盂が拡張している「水腎症」という状態になっていました。
入院した当初は内科的な治療で結石は流れ腎臓の機能も回復したのですが、再び結石で尿管が詰まり容態が悪化…外科的な治療を視野に入れた方が良いと提案されました。
尿管にチューブを設置して尿を流す「尿管ステント」
腎臓と膀胱を人口のチューブでつなぐSUBシステム
この二つのどちらかになるだろうとの話で、入院先の病院ではまだこの手術が出来ないため次の日に急きょ転院。
「心配な事があったらいつでも電話してね」と看護師さんが言ってくださりホロリ…
検査の結果、尿管と膀胱に結石が確認され、胸水、肺水腫も併発していたため、その日のうちに手術となりました。
ナンちゃんの手術は「尿管ステント」に決まり、20時半過ぎから手術…
麻酔で眠っているナンちゃんを見て思わず涙。。。
なんとお世話になっているM病院の先生が来てくださり一緒に手術をしてくれました。
休日だったのに本当に感謝。。。
体位を変えると酸素飽和度が低くなるため、先生たちも心配をしていましたが、予定時間よりも早く手術も終わり、麻酔の切れも良かったようです。
ICUに入っているナンちゃんはまだふらふら、でも意識はしっかりしていてホッとしました。
この日は何かあったらすぐに駆けつけることが出来るように、近くのホテルに宿泊しましたが、病院から連絡がないか心配で、一晩中眠れず。。。
次の日は母も一緒に面会に行き、先生から「手術の次の日はまだ食事が出来ない子が多いのですが、ナンちゃんはしっかり食べていますよ」との報告で、食いしん坊のナンちゃんが復活です。
その後は順調に回復し、「お正月は病院だね~」を覆し、大晦日に退院!
1月10日に無事抜糸が終わりました^^

そして19日、いつもの病院でナンちゃんの退院後の検診とトコジローの3か月検診。
ナンちゃんはここのところ病院に慣れていましたが、トコジローは3か月ぶりです。
診察台の上でぶるぶる震えていました。いつものトコジローはどこへ行った(笑)
血液検査の結果は2匹とも異状なし!で一安心です^^
帰宅した後は、不機嫌でしばらく喧嘩していました。
喧嘩をしてもイタズラをしても、元気でいてほしいと願っています。

そして、病院の枠を越えて、小さな命に向き合ってくださった2つの動物病院の先生方と看護師さん方。
心配で心配で心細かったlotusの気持ちに寄り添ってくださいました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

写真は喧嘩中のナンちゃんとトコジロー。ナンちゃん優勢でした(笑)
e0115693_18131586.jpg


[PR]
by Lotus_Wing | 2015-01-21 18:37 | ねこ