「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

月の妖精

lotuswing.exblog.jp

アロマテラピーのお仕事をしています。アロマを中心にヒーリングの活動を広げていきたいと思っています。

猫たちの検診

12月に入院、転院、手術、退院とバタバタとした年末でしたが、1月10日に抜糸も終わり、先日いつもお世話になっている動物病院での診察に戻りました。

ナンちゃんは、結石が尿管に詰まって尿の排出があまりできず、腎盂が拡張している「水腎症」という状態になっていました。
入院した当初は内科的な治療で結石は流れ腎臓の機能も回復したのですが、再び結石で尿管が詰まり容態が悪化…外科的な治療を視野に入れた方が良いと提案されました。
尿管にチューブを設置して尿を流す「尿管ステント」
腎臓と膀胱を人口のチューブでつなぐSUBシステム
この二つのどちらかになるだろうとの話で、入院先の病院ではまだこの手術が出来ないため次の日に急きょ転院。
「心配な事があったらいつでも電話してね」と看護師さんが言ってくださりホロリ…
検査の結果、尿管と膀胱に結石が確認され、胸水、肺水腫も併発していたため、その日のうちに手術となりました。
ナンちゃんの手術は「尿管ステント」に決まり、20時半過ぎから手術…
麻酔で眠っているナンちゃんを見て思わず涙。。。
なんとお世話になっているM病院の先生が来てくださり一緒に手術をしてくれました。
休日だったのに本当に感謝。。。
体位を変えると酸素飽和度が低くなるため、先生たちも心配をしていましたが、予定時間よりも早く手術も終わり、麻酔の切れも良かったようです。
ICUに入っているナンちゃんはまだふらふら、でも意識はしっかりしていてホッとしました。
この日は何かあったらすぐに駆けつけることが出来るように、近くのホテルに宿泊しましたが、病院から連絡がないか心配で、一晩中眠れず。。。
次の日は母も一緒に面会に行き、先生から「手術の次の日はまだ食事が出来ない子が多いのですが、ナンちゃんはしっかり食べていますよ」との報告で、食いしん坊のナンちゃんが復活です。
その後は順調に回復し、「お正月は病院だね~」を覆し、大晦日に退院!
1月10日に無事抜糸が終わりました^^

そして19日、いつもの病院でナンちゃんの退院後の検診とトコジローの3か月検診。
ナンちゃんはここのところ病院に慣れていましたが、トコジローは3か月ぶりです。
診察台の上でぶるぶる震えていました。いつものトコジローはどこへ行った(笑)
血液検査の結果は2匹とも異状なし!で一安心です^^
帰宅した後は、不機嫌でしばらく喧嘩していました。
喧嘩をしてもイタズラをしても、元気でいてほしいと願っています。

そして、病院の枠を越えて、小さな命に向き合ってくださった2つの動物病院の先生方と看護師さん方。
心配で心配で心細かったlotusの気持ちに寄り添ってくださいました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

写真は喧嘩中のナンちゃんとトコジロー。ナンちゃん優勢でした(笑)
e0115693_18131586.jpg


[PR]
by Lotus_Wing | 2015-01-21 18:37 | ねこ | Comments(8)
Commented by 1234bow at 2015-01-22 01:24
まず元気な姿を見せてもらって安心しました・・・ありがと・・
大変でしたね・・・心配でしたね・・・
もう手に取るようにわかります・・><
まだ毛の生えてない部分が痛々しいけど喧嘩もできるほど元気になり・・・
これも飼い主チャンの愛情あっての事だと思いますw
忙しい時期に可愛い子供達が大変でご苦労な事ですが 元気な姿を見せてもらうと・・
そんなご苦労も吹っ飛んで行ってしまいますよね・・(^^)
可愛い喧嘩もどうぞ微笑んで見守ってあげてくださいね~~^^

お疲れさまでした  ホントに心からそう思います m(_ _)m
Commented by glaurie at 2015-01-22 10:17
ハラハラどきどきしながら記事を読み、2匹で仲良くじゃれあう写真に一気にほっとした気分になりました。普段の何気ない時間が皆が健康であるからこそ過ごせる時間なのだなあということを思い出させてくれます。
Commented by Lotus_Wing at 2015-01-22 18:00
123bowさん♪
ありがとうございます。
今はすっかり元気になり、毎日トコジローとバトルをしています^^
一度良くなってからの容態急変だったので、ショックと心配でしばらくは食事がのどを通りませんでした。
いつもお世話になっている病院の先生が、今年は結石のネコちゃんが多くて命を落としている子もいるので、救える命は救いたいと、いずれはこの病院でも手術が出来るようにしたいとお話をしてくれました。
今回のように、病院の枠を越えての手術を申し出をしてくれた先生も、受け入れてくれた病院も本当に感謝です。
bowさんの所のたくさんのネコちゃ、みんなが元気で幸せに暮らせるように、こころから願っています。
Commented by Lotus_Wing at 2015-01-22 18:04
glaurieさん♪
ありがとうございます^^
いつもの二匹に戻ってホッとしています。
ナンちゃんが入院している間は、うちの中にぽっかりと穴が開いたような感じでした。
glaurieさんのおっしゃるように、普段の何気ない時間は健康であるからこそなんですよね。
本当に実感しました。
Commented by Room230 at 2015-01-22 22:11
こんにちは、ロタちゃん
年末にロタちゃんも大変でしたね。
(あ、人の事は言ってられないか?笑)
何はさておきナンちゃんの復活を嬉しく拝見しています。
>喧嘩をしてもイタズラをしても、元気でいてほしいと願っています。
もうまさしく…本当に、その通りですよね。

キチはもう昔の様に飛んだり跳ねたりも無く、移動も、ゆっくりゆっくり…、途中で休みながら…です。たまに移動途中で、目的が分らなくなるらしくて鳴き出します(苦)1月は毎年ワクチンなんですが、もう、逆に体に負担になるのでやめておきましょう。と言われました。
キチより年上のフィルさんは…なーんも変わらないです。
やはり…ネコも女が強いのかな〜?

Commented by Lotus_Wing at 2015-01-23 19:20
フィーユさん♪
こんにちは~
年末の大変はお互いにですね^^;
ナンちゃんの食欲とどまるところを知らず!
寝ていてもお腹がすくとベッドをカリカリするようになりました。
それでも起きないと上がってくる(笑)
キチちゃん、ゆっくりゆっくりなんですね。
お家の中にいるから、ワクチンしなくても大丈夫なのでは!?
フィル姉さん、女の子は気だけじゃなくて体力もあるのかな?
Commented by あやか at 2016-01-25 11:17 x
はじめまして。突然のコメントすみません。
我が家もちょうど今週にゃんこに尿管ステントをいれました。つらいお気持ち、本当によくわかります。
悩んだ末の結論でしたが、ステントは痛くないのか、違和感はないのかと不安で不安でしかたありません。ナンちゃんが元気に退院したと聞いて勇気付けられました!
痛がる様子なんかはないのでしょうか??
これからもブログ拝見させていただきます。よろしくお願いします。
Commented by Lotus_Wing at 2016-01-25 19:02
あやかさん♪
こんにちは。初めまして^^
コメントをありがとうございました。
あやかさんの猫ちゃんもステント手術を受けたのですね。
悩んだ気持ちよくわかります。
その後の経過もご心配だと思います。
ナンちゃんは手術をして1年経ちましたが、とても元気ですよ~
私も痛みやステントの違和感をとても心配していました。
でも痛がる様子も、頻尿もなく過ごしています。
退院後は少し血尿がでましたが、それもすぐにおさまり、相変わらずの食欲で、ダイエットがなかなか進みません^^;
あやかさんの猫ちゃんもはやく退院できますようにお祈りしています。
またブログに遊びにいらしてくださいね。